2010年8月14日土曜日

とにかく煮込む



聞いた話によると、六厘舎のスープは、豚骨がくだけてボロボロになるまで煮込んで、しかもそれをたたいてつぶしてスープをとるらしい・・

早速挑戦

鍋一杯に詰め込んだ、豚骨、もみじ、鶏ガラ、背油、とんそく、ショウガ、ニンニク、人参を煮込む!

何時間にこんだろう???20〜30時間くらい??

分からなくなるくらい煮込むと、ようやく豚骨がぼろぼろになってきた。
なってきたのはいいのだが、焦がしてないのにスープが茶色くなってきた・・・
ま〜〜確かに、濃いつけ麺のたれはこんな色をしているからいいのか・・・
スープが酸化しているのか、逆にうまみや、こくが無くなったような・・・???

別の鍋で、なべいっぱいにぼし、昆布、サバ節、鰹節を詰め込んで、魚介系スープをとる、

二つのスープを半々くらい混ぜて飲んでみる
ん〜〜〜!!まだまだあの濃さにはとおい・・

市販の醤油だれ、みりん、さとう、酢であじを付けて飲んでみる
結構、六厘舎のスープと近い気もするが、とてもお客さんに満足してもらえるようなものではないな〜〜

先は長い・・・・


2010年8月12日木曜日

ねめっとにがい・・・

次の日、冷たいままスープを飲んでみる

苦みなが、口に残る
やっぱ、昆布は15分ほどであげた方が良さそうだ
これだけの材料を贅沢に大量に使っても六厘舎のスープの濃さにはほどとおい・・

まだまだ、先がながそうだ・・・o(;△;)o

2010年8月9日月曜日

六厘舍をめざし!スープをとってみよう!!(;^_^A アセアセ・・・ま〜〜満足いくものが出来るまでは、100回以上はとってみないといけないだろうが、ま〜〜一回目でどれくらい近いものを作れるか・・・楽しみだ!!

セオリー通りげんこつを軽く煮てアクを出してかたら、洗って骨にヒビを入れてる

秋田地鶏のガラを二個、丁寧に血綿をとって沸騰させてアクを丁寧にとる


水を2.5リットル入れて、豚臭いのが嫌いなので、多めのショウガとニンニク一房入れて、あとかなり甘いようなので、タマネギも2こ投入!おっともみじを忘れていた!10個ほど入れて煮込み開始!!
6時間ほど煮込んだところで、にぼし20個、鰹節どっさり、昆布どっさり、サバ節どっさり入れてさらに6時間に込む!普通は、別の鍋で魚介系のだしをとるのだろうが、和食のお吸い物を作るような・・・洋食のコンソメをとるような・・・デリケートなセオリーは一切捨てて煮込んでみる!

原価が、一杯あたりスープだけで250円くらいかかってる(-。-;)
実際にお店で出すのはふかのうだな〜〜
味見してみる
おいしい!!
だが、六厘舍とはほどとおい "(/へ\*)"))

じょうひんすぎるな〜〜
煮干しと、サバ節を追加!
煮干しは頭とはらわたを付けたまま、10匹投入!

この先は明日になりそうだ・・・




2010年8月8日日曜日

今、携帯電話やの美濃吉をやっている隣がただの物置となっている・・・
いつも、何か商売やらないの?とみんなに言われる・・・

カレー屋さんをやってつぶれたところである。

シャレでラーメン屋さんでもやろうかと思い、
各地を食べ回って、その他、通販で有名店のものはほとんど取り寄せて食べてみた。

今話題の六厘舎のラーメンを食べにいったのが、数ヶ月前!さすがにうまかった!!文句無し!!

材料は何を使っているのだろう・・・
と思い、通販で六厘舍のつけ麺をたんで、待つ事3ヶ月・・・
やっと届いた!

そこでスープをコーヒーヒィルターで漉してみる・・・

ん~~~ にぼし、サバ節、鶏ガラ、豚骨・・・その他たぶん昆布、鰹節といったところか??でもこの舌にねっとりのこる感覚は・・・

ゼラチン???

早速、冷蔵庫で冷やしてみる

やっぱり、ゼリーの様にぷりぷりにスープが固まっている
豚足?手羽先?といったところか・・・

早速あしたは、スープをとってみよう!!!
ヽ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)ノ